宮崎ひび

詩人/動画を投稿しないYouTuber(建てない建築家的な意味で)

Wikipediaで詩について調べ、あまりの自由さに詩になりたいと考えるようになる。詩を書くのではなく、自分が詩でありたい。

とりあえず詩って言っとけば許されるという信念のもと、 20 年前からテキストサイト「日々のこと」を運営。

ヨドバシで買った液晶保護シートを
と言ってくれた
あの人の
を追いかける
猫がキーボードに乗ってて
できないって
なんだか

作品

詩/写真 宮崎ひび

iOSアプリ「i御中」

ARを使って、世界中の「行を御中に書き換えないといけない問題」を解決する。

i御中

バナー広告(左プラン)

スマートフォンの場合は上

300円/月〜

お問い合わせ

明日のプレゼン資料まだできてない

クラスメートだったきみ 連絡先はしらない

きみの名前をGoogleで検索しても

現れるのは同姓同名の他人ばかり

Facebookで検索してみる

そうだ きみは結婚して姓が変わっているかもしれない

センター試験の英語のリスニングを全問正解したときの勘で

姓を吉田に変えて検索してみる

すぐに見つかったきみの名前

あの頃と変わらないショートヘア

まったく見覚えのない顔だし

歳は7つ違うし 出身校も違うけど

吉田になったきみは 今日も笑ってる

3人の子どもたちに囲まれるきみを見て

クジ運だけで隣の席に座っていたあの頃には

もう戻れないのだと

どうすることもできないのだと

きみの所属するNPO法人のFacebookページに

いいね!を押して ブラウザを閉じる

明日のプレゼン資料まだできてない

バナー広告(右プラン)

スマートフォンの場合は下

180,000円/月〜

お問い合わせ